インカローズ・ロードクロサイトの通販専門店【フォーチュネイト インカローズ】

注文の流れ よくあるご質問 高品質なのに安い秘密! 当ショップの仕入れ基準! 失敗しないインカの選び方 インカローズの意味・効果・伝説
HOME
ショッピングカートを見る 当ショップのインカローズ偽物チェック対策!! 何故当店のインカローズは高品質なのに安いのか? 会員様専用ログイン
新規会員登録(無料) 取り扱い商品 メニュー
運営会社 お問い合わせについて
些細なこと結構です。以下からお気軽にお問い合せくださいませ。
お問い合わせ


SSL
ホーム 当ショップのインカローズ偽物チェック対策!!
当ショップのインカローズ偽物チェック対策!!

インカローズは主にペルー産とアルゼンチン産などがあり、赤みが強くて透明感がある宝石クラスのものや、かわいいピンク系のもの、模様があるもの、ないのもなどなど、様々な特徴があります。
そのため見比べるとまったく違う石に見えることもあるので「このインカローズは偽物じゃないのか?」と勘違いする方も多いようです。


実はインカローズの偽物の流通量は、ラピスラズリなどに比べてかなり少ないようです。
そのため、偽物のインカローズをつかんでしまう確率はかなり低いと言えるでしょう。

複数の卸売業者や、鑑別機関に聞いても偽物は少ないと言っています。


しかし、わずかですがインカローズの偽物はあるようです。ちなみに当ショップは見たことがありません。

インターネット上にも、水晶を染めたものがあるとか、カルセドニーやカルサイトをピンク色にや赤色に染めたものがあるとか真実か嘘なのかわからない話まで、いろいろ掲載されていますが、そのような石ですと、色落ちが激しかったり(※本物も多少色落ちします)、石を割ってみると明らかに中身の色が違うはずです。


試しに当ショップで販売しているインカローズを割ってみましょう。


中がしっかり赤(ピンク)色になっていることがわかると思います。


とは言いましても、あなたの大切なインカローズを金づちで割るのは勇気がいるかと思います。

中身を割らずに、本物か偽物が知りたい場合は、やはり専門の機関に鑑別してもらうのが確実です。
なかなか個人の方が鑑別機関に依頼するのは難しいのですが、どうしても鑑別したいとご希望の方がいらっしゃいましたら当ショップまでご連絡ください。


ちなみに以下の画像が、当ショップで取り扱ったインカローズの鑑別所です。


ただ、偽物の定義が難しく、例えばまったく違う種類の石やガラスを加工して、インカローズそっくりにした場合は間違いなく偽物といえるでしょう。


しかし、本物のインカローズを使用して「キレイに見せるために加工している」となるとそれを偽物と呼ぶか、本物と呼ぶか、議論は分かれるところです。
(※インカローズの原石を丸く削ること自体、キレイに見せるための加工なのでそれと同じじゃないか、という意見もあります。)

ちなみにそれを鑑別機関に出すとちゃんとインカローズ(ロードクロサイト)と表示されます。


当サイトではインカローズを仕入れた際、不定期で専門機関に鑑別を依頼しています。
そしてその事実を、あえて卸売業者に伝えることによって防御線を張っております。
そこで万が一「偽物」と判定されれば噂になり、卸売業者の信用に関わってきますので、卸売業者もかなり慎重になります。


当ショップは、お客様に少しでも安心してお買いものしていただくよう最大の努力をしています。
▲ページトップへ
インフォメーション